【富士山まで届け!】Uber Eats静岡・浜松で配達パートナーの登録する方法を画像付きで解説。よくある質問にもお答えします。

Uber Eats (ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)が静岡市と浜松市で始まるって?エリアは?料金は?パートナーセンターは?加盟店は?

こちらの記事では、静岡県でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをご検討中の方向けに、登録方法やよくある質問にお答えしていきます。※富士山はエリア外です

注文をした方は下記の記事で、初めて利用する方限定の1,000円割引のクーポンがありますので、ぜひ使ってください。

【当サイト限定クーポンコード(プロモーションコード)】

interjpq2206j7oo

コピーする
/有効期限なし!\

初回のご注文が1000円割引になります。初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する方は下のボタンからアプリをダウンロードして使って下さいね

/注文アプリのダウンロードはこちらから\
/配達パートナー登録はこちらから\

Uber Eats静岡のエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)静岡エリアは2020年6月9日からスタート。浜松エリア6月19日からスタート。

まず対応エリアを確認しましょう。

静岡エリアで配達可能な範囲

Uber Eats静岡のエリアマップがこちら。

ウーバーイーツ 静岡
  • サービス開始:2020年6月9日(火) 9:00~
  • 通常営業時間: 9:00 ~ 24:00
  • レストランパートナー数: 40 以上
  • 配送手数料:一律320円
  • サービスエリア:静岡市駿河区中心部(静岡駅、東静岡駅周辺)及び葵区南部

浜松エリアで配達可能な範囲

Uber Eats浜松エリアのマップがこちら。

ウーバーイーツ 浜松
  • サービス開始:2020年6月19日(火) 9:00~
  • 通常営業時間: 9:00 ~ 24:00
  • レストランパートナー数: 70 以上
  • 配送手数料:一律320円
  • サービスエリア:浜松市中区南部の中心市街地

Uber Eatsをアプリかブラウザでみれば、住所を入力しどんなお店が注文できるかみられますので見てみましょう。

スマホならアプリのダウンロード、PCなら商品ページにとびます

それでは、続いてUber Eats(ウーバーイーツ)静岡で、配達パートナーに登録する方法を見ていきましょう。

Uber Eats静岡での配達パートナーの登録方法

Uber Eatsの登録は現在オンラインでの登録のみできるようになっており、配達バックも郵送となります。

すべて家にいながら完結するので楽ですね!大体登録から1週間前後でバッグが届くそうです。

流れはこちら!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法
  • STEP1
    Uber Eats配達パートナープログラムからweb登録
    \こちらから/

    本人確認書類のアップロードなどもあるのでスマホからが楽です。

  • STEP2
    メールで送られてくる方法に従って電話にて本人確認などの本登録

    web登録後にメールが届きます。専用のURLから電話での本人確認の予約をとります。

  • STEP3
    Amazonで配達バッグの購入

    同じくメールに配達バッグを購入するURLがのっているので購入。

    ※Amazonにて購入になりますが、配達パートナーを辞める際に返品すれば代金が戻ってきます。

  • STEP4
    配達バッグ到着後に配達開始

    配達バッグが到着したらその日から配達が可能になります。

以上となります!

まずはWEB登録方法をしよう

Uber EatsのHPからWEB登録をしていきます。5分程度で完了します。

写真のアップロードなどがあるので、スマホから進めると楽です^^

[配達パートナー情報入力]

↑こちらのボタンを押していただくと、以下の画面が出てきます。

uber code

Uber Eatsの配達パートナーとして稼働する際にここの情報を使うのと、あとで本人確認がありますので正確な情報を入力していきます。

注意点として、誤りがないよう入力するのと、登録情報は忘れない方がいいです。

私はメールアドレス間違えて登録していて、ちゃんと登録完了するのに苦労しました…笑

[車両タイプ選択]

次へ進むと車両タイプの選択画面になります。ご自身の稼動予定の車両タイプを選択し「続行」を押してください。

※意外と知られていないですが、Uber Eatsは黒ナンバーの軽自動車でも緑ナンバーのバイクでも登録ができます。

uber type
  • 黒ナンバーを取得している軽自動車、緑ナンバーのバイクで登録する方
    『Uber Eats:軽自動車またはバイク(125cc超)での配達』を選択
  • 自転車で登録する方
    『Uber Eats:自転車で配達』を選択
  • 原付、原付二種で登録する方
    『Uber Eats:原付バイク(125以下)での配達』を選択

ちなみに車両タイプは後から変更もできます。

私は最初は自転車で登録し、後に原付へ変更しました。

車両タイプ変更の際にはパートナーセンターへ行って手続きを行う必要があるのでご注意ください。
(アプリから簡単に切り替えられるようになったらいいのですが・・・)

[必要書類のアップロード]

確認事項の画面にいきますので、一読してから『確認の上同意する』にチェックをつけ『続行』を押します。

続いて書類のアップロード画面にいきますので、免許証などの必要な書類をアップロードしてください。

uber upload

選択した車両ごとに必要書類のアップロードがあります。

自転車で登録をする場合

  • 顔写真付きの身分証明書
    パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、在留カードなど
  • プロフィール写真
    帽子、サングラス、マスクなどの着用不可。鮮明で背景にモノや影が映っていないものをアップロードしてください。

原付、原付二種で登録をする場合

  • 運転免許証
    フラッシュの映り込みやブレがなく、鮮明なものをアップロードしてください
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
    有効期間、異動事項、契約者の住所・氏名、登録ナンバーなどが表示されているページの全面写真をアップロードしてください
    (ナンバープレートの情報が保険書類上に記載されていない場合、「標識交付証明書」と「自動車損害賠償責任保険」を横に並べ、一枚の写真としてアップロードしてください)
  • ナンバープレートの写真
    配達に利用するバイクのナンバープレートをアップロードしてください
  • プロフィール写真
    帽子、サングラス、マスクなどの着用不可鮮明で、背景に物や影が映っていないものをアップロードしてください

黒ナンバーを取得している軽自動車、緑ナンバーのバイクの登録の場合

必要書類が多いので、こちらをご覧ください

ちなみに、万が一アップロードができない等の問題があれば直接パートナーセンターへ行ってしまっても大丈夫です。

私もプロフ写真をアップしないでとりあえずパートナーセンターにいき、現地で撮ってもらいました笑

直接パートナーセンターへ行く場合は二度手間にならないように必要書類は忘れずにもっていきましょう。

[WEB登録完了]

アップロード完了後「続行」を押すとパートナーセンター情報がでます。

「場所」「営業時間」を確認した後「続行」を押すと…

uber finish

お疲れ様でしたぁ!!これにてUber Eats配達パートナーになる為のWEB登録は完了です。

あとは電話にて本人確認完了後、Amazonから配達バッグを購入して届いたらUber Eats稼働開始です!

Uber Eats稼動開始!!

いかがでしたか?配達パートナーとして始めるまでハードルがめちゃくちゃ低く、すぐに働けちゃうのもUber Eatsの魅力ですね。

以上でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録は完了となります。

\配達パートナーに登録する!/

Uber Eatsのよくあるリアルな質問

せっかくリアルでUber Eatsの配達パートナーをやっているので、Uber Eatsの公式にある「よくある質問」以外で、Uber Eats配達パートナーが気になるであろうことに答えていきます。

配達パートナーは実際にどれくらい稼いでいるの?

1000回以上配達しているほかの配達パートナーのツイートをみてみても、1400円~1600円あたりが一番多いので、ならすとだいたい1500円前後になるかとおもいます。

時期、地域、稼動時間、人、などのたくさんの要因で変動しますが、1000回以上配達した私の実績で言えば、平均すると時給1483円でした。

ピークタイムのみの稼働だと、時給換算2000円クラスの配達パートナーはごろごろいます。私もピークタイムのみで計算すると時給換算2033円でした。

需要が高い時は非常に稼ぎやすいので、今はUber Eats配達パートナーを始める時期としてはかなり良い時期といえるでしょう。

稼ぎやすい(需要が高い)時
  • ランチ・ディナータイム
  • 休日
  • 夏などの暑い時期
  • 冬などの寒い時期
  • 雨が降っているとき

もちろん全体的に注文が減る時期もありますので、Uber Eatsを専業に考えている方はその辺りも考慮したほうが良いでしょう

配達パートナーの仕事は楽?

めっちゃ楽です。

やることは商品をピックアップして注文者に届けるだけですし、開始も終了も休憩も全て自分のタイミングでできます。注文のキャンセルもできます。

バイトをするより、はるかに楽です。

さらに、注文を待っている間は本を読んだり音楽を聴いたり、スキルアップに励んだりなど自分中心に時間を使えるのもUber Eatsの最大のメリットだと思います。

配達パートナーをやっていて大変なことは?

夏は暑くて冬は寒い・・・。雨は大敵。

とはいえ厳しい環境だと配達パートナーの稼働率が落ちるので、稼ぎたい人にとってはチャンスタイムです。

配達パートナーの稼働率が落ちればその分注文が回ってきやすくなりますし、インセンティブも出されます。

ですのでがっつり稼ぎたい人は、厳しい自然環境にもしっかり対策をすることが重要です。

髪型や服装は自由?

自由です。Uber Eats配達パートナーには制服のようなものはありません。

ですのでハロウィンのときには仮装をしたり、クリスマスにはサンタになったりしている人もいます。

ただし、食事を運ぶので清潔感には気をつけたほうが良いでしょう。

どこで稼動するのが一番いいの?

私は東京でしか稼動していないので東京のことしか分かりませんが、結局は都心が一番です。東京ならば渋谷、恵比寿、六本木、麻布らへんかなと。

私も都心行ったり僻地いったり色々ためしましたが、結局は都心に落ち着きました。

配達パートナーも集中しやすいですが、やはり注文がないと始まりません。

各都市の配達パートナーのツイッターを見ていても、これはどこの都市でも変わらないかと思います。

自転車とバイクどっちがいいの?

平均的な稼ぎでいえば、正直どちらも変わらないかと思います

ただ、1日で2万5000円~3万円稼ぐ神レベルの方々は自転車のほうが多い印象です。

ちなみに私は初めて稼動したときは自転車で登録しましたが、自転車とバイクは後で変更も可能なので、あまり考えすぎず好きなほう、または始めやすい方で始めてみるのが良いと思います。

  • 電動アシスト付き自転車
  • ロードバイク
  • ママチャリ
  • 単車
  • 原付
  • シェアサイクル

…etc

十人十色の様々な配達スタイルがあります

私は全く運動をしていなかったので、自転車ではすぐヘトヘトになりました笑

今思えばドコモバイクシェア(いわゆる赤チャリ)などで電動アシスト付き自転車を使うのもありだったなぁと思います。

ポートも豊富。もちろんUber Eatsの配達以外でも使えるので、かなり使い勝手がいいサービスです。

地域ごとにまた別のレンタルサービスもありますので、稼動するエリアのサービスを一度調べたほうが良いでしょう。

Uber Eatsを始めた方がいい?

始めた方がいいです。

というよりも、登録しておけばお金が必要になったときにいつでも報酬を得られるし、つまらなくなったらいつでもやめられるので、登録しておいて損はしません。

配達バッグのお金も、やめるときには返金してくれるのでお金もかからないです。

なにより、Uber Eatsで配達をするとかなりの気分転換になります。

普段やっているバイトや仕事とは違い、完全に自由にできるのはUber Eatsの最大の魅力です。

ちなみにUber Eatsでは配達パートナー用のガイドブックを用意しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーガイド

配達を始める前には一度目を通しておくといいですね!

Uber Eatsの報酬の仕組み

Uber Eatsは時給ではありません。一件配達完了するごとに、数百円の報酬が得られるようになっております。

待機時間に時給が発生することもありますが、非常にまれなので、基本は『1件配達につき○○円』というふうに覚えておきましょう。

やればやるだけ報酬がもらえる仕組みとなっておりますので、強者は月で50万円以上をUber Eatsの報酬として得るような方もおりますし、1か月丸々稼働しないで0円なんていう方もいます。

それでは、その一件の報酬がどのようにして決まるかを、具体例をあげて見ていきましょう。

Uber Eatsの報酬をきめる要素

まずは報酬を決める基本的な要素についてお話します。

報酬=基本料金ーサービス手数料+インセンティブ

地域によって若干金額がことなるので、それは後述します。

それでは、各要素について詳しく見ていきましょう。『基本料金』についてみていきます。

『基本料金』とは

地域によって異なりますが、ここでは仮に、東京エリアの基本料金を例に見ていきましょう。

  • 商品を店舗から受け取った料金:265円
  • 商品を注文者へ受け渡した料金:125円
  • 移動距離:60円×〇km

上記の3つを合計したものが基本料金となります。例えば2km離れた注文者にお届けした場合は

265円+125円+120円(60円×2km)=510円

となります。

ちなみに静岡エリアはまだ広くないので、これぐらいの距離の配達が多くなると思います。

『手数料』とは

基本料金の10%が手数料となります。

上記の例の場合は51円が手数料となります。

『インセンティブ』とは

混雑する時間帯での配達や、指定の時間内で一定数以上の配達をした場合などに獲得できる追加報酬です。

インセンティブのパターンはいくつかあるのでご紹介します。

  • ブースト
  • クエスト
  • ヒートマップ

ブースト、クエスト、ヒートマップを絡めてこなしていくことによって、報酬が飛躍的にのびます。

ブースト

Uber Eats ブースト

先にお伝えした『基本料金』が、1,1倍~1,5倍になります。先ほど使った例でみると

例:510円(上記の基本料金)×1,5=765円(基本料金510円、ブースト255円)

510円ー51円+255円=714円(報酬)

手数料はブーストによって増加はしませんのでこのようになります。

主にランチやディナーなどのピークタイムに、自動で適用されます。ブーストがかかっているかはUber Eatsの配達アプリにて確認できます。

クエスト

一定時間内に一定回数の配達を完了させると獲得できます。だいたい4.5時間以内の設定が多いです。

例:4回配達:500円 8回配達:1,200円 12回配達:2,400円

※12回達成した場合500円+1200円+2400円ではなく、2,400円が獲得できます。

慣れれば12回は結構クリアできます。

クエストは不定期に開催されますが、頻度はかなり高いです。クエスト内容も時期により変化いたし、金額が違ったり日をまたいでのクエストなども発生する場合もあります。

基本料金などには影響しないで、単純にその日の報酬にプラスされます。

静岡でもかならず発生しますので、楽しんで安全にクエストをこなしましょう!

ヒートマップ

Uber Eats ヒートマップ

注文に対して配達パートナーの数が足りないエリアなどにゲリラ的に発生します。だいたい100円~200円。高いと400円程度まで

例:1件の配達完了の報酬が500円だった場合、プラス200円で700円の報酬

基本料金などには影響しないで、単純にその日の報酬にプラスされます。

1日稼働した例

クエストの内容は人によって違うので、仮の設定で1日稼働した場合の報酬を計算してみましょう。※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

条件

  • 配達回数30回
  • 1回の配達はすべて2km
  • 配達回数の8割がブースト1,1×
  • クエストは昼と夜の2回。それぞれ12回クリアで1600円のクエストとし、両方ともクリアしたとする。
  • 配達回数の3割が100円ヒートマップ

細かい計算は省きますが、

ブーストなし分:2,754円
ブーストあり分:17,136円
クエスト分:3200円
ヒートマップ分:900円

となりますので、合計23,990円となります。ちなみにクエスト条件などにもよりますが、トッププレイヤーは1日3万円稼ぐこともあります。。。私はないですが笑

/気軽にはじめてみましょう^^\

しっかり配達の準備をしよう

私も1000回以上の配達をしてきましたが、しっかり準備をするかしないかで配達の効率は全然かわってきます。

ほぼ必須のアイテムや、より効率よく配達するためのアイテムを紹介しておりますのでよかったら見てみて下さい。

あわせて、確定申告の必要が(ほぼ)あります。Uber Eatsの報酬は標的にされやすいそうなので必ず確定申告はしましょう

Uber Eats静岡のまとめ

現在は静岡市、浜松市内のみですが、徐々にエリアも拡大していくでしょう。

そのほかのエリアもどんどん増えていっているので、今後もエリアの拡大は期待できるでしょう!

注文も配達も、試しに始めてみてはいかがでしょうか?^^

【当サイト限定クーポンコード(プロモーションコード)】

interjpq2206j7oo

コピーする
/有効期限なし!\

初回のご注文が1000円割引になります。初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する方は下のボタンからアプリをダウンロードして使って下さいね

/注文アプリのダウンロードはこちらから\
/配達パートナー登録はこちらから\

タイトルとURLをコピーしました