【Uber Eats】1000回配達後の報酬を時給換算してみた

お金 Uber Eats (ウーバーイーツ)
スポンサーリンク
クーポン(プロモーションコード)を利用して、お得にUber Eatsで注文をしよう!
下記のバナーからアプリを取得して、『ins6jubr』をプロモーションコード欄に入力すると初回注文が1000円OFF!【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

 

こんにちわパゴ(@Uberpago)です

本日はUber Eatsで1000回配達した私の報酬(報酬)を時給換算していきます。

実際にUber Eatsの最大の魅力はその自由度ですが、これから新しく始める方にとって、どれだけ稼げるのかというのは重要な部分であると思いますので、私が1000回配達をした実績を時給換算してご紹介していきます。

ちなみに配達パートナーがどんな風な1日をすごしているかが気になる方は、私の例ですがこちらの記事をどうぞ
【至高の仕事】Uber Eats(ウーバーイーツ)ってどんなことするの?

スポンサーリンク

短日で見たUber Eatsの時給

まずは短日の時給例を紹介していきます。
結構波があり、時給2000円越えるときもありますし、時給1000円を切るときもあります。
※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

フルタイムで配達した、ある日の時給例

稼動時間 10.75時間
報酬(報酬) 21,995円
時給 2,046円
稼働時間 10H
報酬(報酬) 9,660円
時給 966円

短時間で配達した、ある日の時給例

稼働時間 4.5時間
報酬(報酬)  10,557円
時給 2,346円
稼働時間 4.25時間
報酬(報酬) 1,925円
時給 453円

見ていただくとわかるとおり、かなりのバラつきがあります笑

高時給のときの様子

私が高時給になるときは、ほとんどの場合『クエスト』の達成をしております。

クエストとは?
指定の期間内に指定の回数の配達を完了すると発生するボーナスです。
例1『4時間30分の間に4回で500円、8回で1440円、12回で3000円の追加報酬』
例2『3日間の間に3回で650円、15回で3400円の追加報酬』等

Uber Eatsを始めたばかりのころは発生しませんが、50回の配達を終えるころには、『クエスト』が発生してくるはずです。

『クエスト』を始めたばかりのころは、『4時間30分で12回の達成なんて絶対に無理!』と思っていましたが、熟練度が上がっていくと、立ち回り方が分かっていって、達成率も大幅に上がります。クエストは時給を上げるチャンスですので、発生したタイミングでは積極的に狙っていきましょう。

低時給のときの様子

私が低時給のときは、需要(注文)が少ないときか、全くやる気が無い時です笑

ちなみに時給453円の時はやる気満々でしたが何をやってもダメだったので、きっと需要が少なかったのでしょう。うん。そういうことにしておきましょう。

ちなみに、これがたまたまならば良いですが、低時給が続いているならば、エリアや立ち回り方に問題があるかもしれません。
私の場合ですが、調子が悪いときには普段は絶対に受けないロングピック(遠方からの注文)もあえて受け、その移動先のエリアで稼動してみたり、普段は同じ場所に待機しているのですが、注文が来ないことが続けば待機場所を変更してみたりします。

いつも同じ動きで低時給ならば、いつもの行動を変えてみましょう。

ちなみに始めたばかりのころは低時給になりやすい

一般のアル仕事では、熟練の先輩でも、新人でも、そこまで時給が大きく変わることは無いかと思います。しかしUber Eatsは熟練度が大きく時給に反映されます。

熟練度が上がってくると『クエスト』の達成率も上がりますし、注文が良く入るスポットも掴めてきたりなど、報酬につながる動きが自然とできるようになってきます。

始めたばかりのころは、クエストやいいスポットが分からないという事以前に、道に迷ったり、体力が続かなかったり、トラブルに対処できなかったりなど、慣れていない部分で思うように時給が上がらないことは良くあります。ですが初めから上手くいかないのは当たり前なので、あまり気にしないよう、とりあえず楽しみましょう!

 

週で見たUber Eatsの時給

ここまで短日の時給例を見てきましたが、次は私のとある月の、1週間ごとの実績を時給でみてみます。
※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

WEEK 1

  • 活動時間 48.5時間
  • 報酬 66,744円
  • 平均時給 1,376円

WEEK 2

  • 活動時間 67.75時間
  • 報酬 92,691円
  • 平均時給 1,368円

WEEK 3

  • 活動時間 48時間
  • 報酬 67,755円
  • 平均時給 1,411円

WEEK 4

  • 活動時間 31時間
  • 報酬 55,324円
  • 平均時給 1,784円

WEEK 4だけ時給が高いのはこの週はインセタイムのみの稼動が多かったからです。

短日ではかなり波がありましたが、週にするとだいぶ平らになってきているのが分かるかと思います。

1000回配達後のUber Eatsの時給

それでは1000回配達完了後の最終的な時給を発表します。

  • 総活動時間 585時間
  • 総報酬 868,800円
  • 平均時給 1,485円

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。
こんな感じでした。(トータルのスクショを貼ろうかと思いましたが、結構な量になってしまいそうなのでご勘弁を)

1000回配達した時給なので、そこそこ正確な数値になっていると思いますので、参考になれば幸いです。

ちなみにはじめの50回を終えるまではブーストもないしクエストもないし慣れないしで時給1000円行かないレベルでした笑

時給1,485円が高いか低いかは、個人の感覚にもよると思いますが、私的にはこれだけ気ままに働けてこの時給なら、大満足という感じです。

Uber Eatsで時給2,000円overは可能?

私は1000回配達をして時給1,485円でしたが、需要があるタイミングだけを狙っていけば、効率よく稼ぐことができ、時給2,000円overも狙えます。

需要があるタイミングといっても難しいことはなく、単純に土日祝日のランチタイムとディナータイム。特にこのタイミングでは、『クエスト』が発生することが多いので、効率的に稼いでいくならこのタイミングだけ稼動すればよいわけです。

土日でクエストのある時間帯だけ稼動した時の時給

1回のクエストはだいたい4時間30分の制限時間があります。
なので昼の部と夜の部のクエストを両方やると9時間ですので、下記の時給例は全て9時間稼動で計算しています。※最近は日跨ぎクエストなんかもでてるので、参考までに

  • 土曜1 報酬18,359円 時給2,040円
  • 日曜1 報酬17,675円 時給1,961円
  • 土曜2 報酬17,014円 時給1,890円
  • 日曜2 報酬17,294円 時給1,922円
  • 土曜3 報酬18,345円 時給2,038円
  • 日曜3 報酬10,559円 時給2,346円(この日だけ夜の部のみの稼動)

平均時給2033円

効率よく稼ごうと思ったら、こんな結果も残せるわけですね。
※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

おわりに

とりあえず本日はこんなところでしょうか。
Uber Eatsの配達パートナーになることを考えているかたの参考になれば幸いです。

下記の記事で、配達パートナーの登録方法を画像つきでご紹介しておりますので、少しでも興味をもたれたら、是非登録してみてください。

今回は金額面のお話になってしまいましたが、Uber Eatsは金額だけではない魅力があります。
追々ブログで語っていこうと思いますが、本日はこの辺にしておこうと思います。では!

クーポン(プロモーションコード)を利用して、お得にUber Eatsで注文をしよう!
下記のバナーからアプリを取得して、『ins6jubr』をプロモーションコード欄に入力すると初回注文が1000円OFF!【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

 

タイトルとURLをコピーしました